記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

産地紹介:京都府

京丹後市網野町掛津に鳴き砂で有名な琴引浜があります。東西に延びる海岸の東側(駐車場があります)を琴引浜遊海水浴場、西側を琴引浜掛津海水浴場と呼ぶそうです。琴引浜は豊富な種類の微小貝(とても小さな貝)が拾える海岸としても有名で、研究者により数百種類が確認されているそうです。なお微小貝の紹介は多大な時間と労力を要するため当ブログでは触れませんが、あえて微小貝にこだわらなくとも群を抜いて豊富な種類の貝を拾え...

続きを読む

兵庫県の温泉

●豊岡市小島天然湧出円山川温泉 520円 ★★ 11~22時半号泣野々村議員で脚光を浴びた城崎温泉にある日帰り入浴施設です。元々ホテルの大浴場だったようで、さすがに浴槽も十分な広さで、洗い場も10基あり、シャワーの出も良いです。湯は緑色に濁っており、ぬるめです。口に含むと苦く、成分の濃さを感じさせます。露天風呂は加温していないため冬場は冷たくて入れませんが、夏場は逆に気持ち良いかもしれません。脱衣所です...

続きを読む

和歌山県串本町のタカラガイ

タカラガイは暖かい海を好み、南に行くほど種類が増えます。つまり日本では沖縄県に最も多くの種類が棲んでいるわけですが、それではと実際に海でタカラガイを拾おうとすると意外なことに沖縄県よりも和歌山県串本町の方が容易に沢山の種類を拾えたりします。これは沖縄県の方が貝殻拾いをする人が多いためか、潮下帯のタカラガイが打ち上げの時にリーフエッジを越えられないためなのか分かりませんが、たとえばホシダカラ、タルダ...

続きを読む

産地紹介:和歌山県2

上浦のツツミガイ。田子のトガリアシヤガマ。扇ヶ浜のウスイロナツモモ。玉之浦海水浴場のネジヌキガイ。なかなか大きなものは拾えない。田子のベニシボリガイ。岩場の脇の砂に潜っている。玉ノ浦海水浴場のヤカタシボリ。田子のクチムラサキイガレイシ。潮当たりの強い岩に着いている。上浦のヒルガオガイ。稀にしか拾えない浮き貝。上浦のマイノソデ。稲村ヶ崎、田子、二色、オゴクダ(幼貝のみ)、で採集実績のあるスイジガイ。対...

続きを読む

オゴクダ浜の貝3

コマダライモ。岩の隙間の潮だまりのような所に棲む。オゴクダ浜は特に多い。スソムラサキイモ。小さな個体は独特の美しさがある。ヒラマキイモ。カラクサイモ。バラフイモ。ナガサラサミナシ。ソナレイモ。小さい方の浜に上がる。ムラサキアンボイナ。毒針を持ってるので要注意。イトカケボラ。小さい方の浜に上がる。イチョウガイ。この標本は漁港で拾ったもの。さすがに浜では磨耗したものしか拾えないが、それはそれで味がある...

続きを読む

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。