記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

和歌山県串本町のタカラガイ

タカラガイは暖かい海を好み、南に行くほど種類が増えます。つまり日本では沖縄県に最も多くの種類が棲んでいるわけですが、それではと実際に海でタカラガイを拾おうとすると意外なことに沖縄県よりも和歌山県串本町の方が容易に沢山の種類を拾えたりします。これは沖縄県の方が貝殻拾いをする人が多いためか、潮下帯のタカラガイが打ち上げの時にリーフエッジを越えられないためなのか分かりませんが、たとえばホシダカラ、タルダ...

続きを読む

産地紹介:和歌山県2

上浦のツツミガイ。田子のトガリアシヤガマ。扇ヶ浜のウスイロナツモモ。玉之浦海水浴場のネジヌキガイ。なかなか大きなものは拾えない。田子のベニシボリガイ。岩場の脇の砂に潜っている。玉ノ浦海水浴場のヤカタシボリ。田子のクチムラサキイガレイシ。潮当たりの強い岩に着いている。上浦のヒルガオガイ。稀にしか拾えない浮き貝。上浦のマイノソデ。稲村ヶ崎、田子、二色、オゴクダ(幼貝のみ)、で採集実績のあるスイジガイ。対...

続きを読む

オゴクダ浜の貝3

コマダライモ。岩の隙間の潮だまりのような所に棲む。オゴクダ浜は特に多い。スソムラサキイモ。小さな個体は独特の美しさがある。ヒラマキイモ。カラクサイモ。バラフイモ。ナガサラサミナシ。ソナレイモ。小さい方の浜に上がる。ムラサキアンボイナ。毒針を持ってるので要注意。イトカケボラ。小さい方の浜に上がる。イチョウガイ。この標本は漁港で拾ったもの。さすがに浜では磨耗したものしか拾えないが、それはそれで味がある...

続きを読む

オゴクダ浜の貝2

カタベガイ。写真は漁港で拾ったもの。トゲが磨減しやすいため美しいものは浜や潮だまりでは拾えない。カスリミカンレイシ。ミカンレイシに線が入ったもの。マルフトコロ。ゴママダラノシガイ。ちょっとした模様の違いで種類が違ってくる。クチベニオトメフデ。トゲレイシダマシ。漁港に下がっていたロープに着いていた。浜ではトゲが磨耗した個体が多く、同定が難しい。コムラサキレイシダマシ。シロイガレイシ。クチムラサキサン...

続きを読む

オゴクダ浜の貝1

ヤガスリヒヨク。ウミアサガイ。リュウキュウマスオ。沖縄では本州におけるアサリのような存在だが、串本町では田並とオゴクダ浜の狭い範囲でしか確認できていない。チイロメンガイ。地物にしっかりと固着するため、ブタの方だけ上がる。漁港に吊るされたバケツに着いていたチイロメンガイ。台風でウミカラマツごと打ち上げられたワニガキ。ウミカラマツの根本に着いていたクチナシサンゴヤドリ。綺麗なサンゴが上がることもある。...

続きを読む

砥崎の貝2

オニノハ。チヂミハマヅト。ムシロオトメフデ。ベニフデガイ。トクサバイ。シロシノマキ。ゴマフイモ。南紀ではオゴクダの広い方と並んで拾える。ハルシャガイ。ロウソクガイ。表面が磨耗するとロウソクのような色になる。イトマキイモ。分厚い茶色い皮に覆われている。タガヤサンミナシ。いかにも南国といった模様の貝だが、意外と沖縄よりも南紀の方が拾える。カラスキ。数は少ない。...

続きを読む

砥崎の貝1

ヒメツキガイ。岩場の隙間等にたまった砂の中に棲む。ウミアサガイと姿形が似ているだけでなく、全く同じ場所に棲んでいるため紛らわしい。マルスダレガイ。キンギョガイ。綺麗なものは拾った事がない。フクレユキミノ。岩の隙間などに隠れるように棲んでいる。足糸は無く、身体は岩に固定されていない。ナガウニ。楕円形のものが多いが、たまにいびつなものも見つかる。色は黄緑色のラインが入ったものが多いが、ピンク色も居る。...

続きを読む

田の崎の貝2

ヒラヒメアワビ。それほど珍しい貝ではないが、上がりにくい。転石の裏等についている。メクラガイ。潮間帯の岩に着いている。カサウラウズ。ノシガイ。ウスコミミガイ。江田の海岸の狭い範囲で採集できる。ウズラガイ。たまに、しっかりとした大きなものが拾える。台風のウネリで浅場まで運ばれてきたと見られ、殻が損傷している。オオナルトボラ。わりと落ちているが、ていどの良いものは少ない。この殻は漁港で貰ったもの。オニ...

続きを読む

田の崎の貝1

ツキガイ。わりと大きなものが上がる。田並よりも江田の方が数は多いかもしれない。サメザラ。ミノガイ。トゲが残った生貝は岩の隙間等に足糸でしっかり着いている。イワカワハゴロモ。岩場の間の砂地に半分埋まって立っている。ヒレジャコ。モモガイ。泥岩に穴を開けて棲んでいる。イワカワシギノハシ。珊瑚礫に穴を開けて棲んでいる。ツクエガイ。珊瑚礫に穴を開けて棲んでいる。クロヘリアメフラシの殻。殻は軟体に埋没しており...

続きを読む

那智勝浦海水浴場の貝

シボリザクラ。ベニバトガイ。ゲンロクソデガイ。海水浴場に流れ込む川を越えた浜の方に多く上がる。コニッコウガイ。少ない。ウズマキゴコロ。スナゴスエモノガイ。イソチドリ。ヤブレガサとマドアキガイ。窓の形が違います。クダタマガイ。シロナツモモ。ナツモモも拾えます。キヌカツギハマシイノミ。イセヨウラク。オガイ。エドイトカケ。オトヒメコトツブ。ヨツカドヒラフジツボ。貝ではありません。...

続きを読む

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。