FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産地紹介:21世紀の森ビーチ


21世紀の森ビーチは、名護市のど真ん中にある市民の憩いの場ですが、とても多様な貝がダメージの少ない美しい状態で上がる穴場でもあります。
おそらく砂地、死珊瑚、生きたサンゴがバランス良く配置され、加えて潮の流れがほど良い事が、拾える貝に多様性をもたらしてるのだろうと想像します。

ただ似たような産地は周辺に少なからずあり、その中から21世紀の森ビーチを選んだのは、わりと採集の成果が安定していたためです。
もちろん地元の方が毎日拾いに来ますが、周辺の産地に比べたらマシな方だと言えます。

その最大の理由を、私は車が横付けできないからと考えています。

ちなみに名護市の許田~本部半島の備瀬崎まで、国頭郡大宜味村のJA大宜味の前~国頭村謝敷までを個人的にゴールデンベルトと呼んでおり、魅力的な貝がコンスタントに上がります。
これらの産地は駐車地から海岸が近い所が多く、車さえあれば効率良くハシゴができます。
そのため早朝から、貝殻拾いの愛好家や、民宿の関係者(お客さんへのプレゼントにするそうです)が一家総出で拾って回ります。
観光客が観光の合間に拾える貝などたかが知れているというわけです。

なおゴールデンベルトに関しては、別の記事「産地紹介:ゴールデンベルト」にて改めて紹介します。


チョウセンフデ。


オオシマダイミョウ。

●実績のある二枚貝
チヒロガイ、チサラガイ、リュウキュウヒオウギ、リュウキュウナデシコ、ソメワケグリ、モチヅキザラ、リュウキュウザル、スベリザルガイ、ナガザル、ウラキヒメザラ、ギンギョガイ、マルオミナエシ、サラサガイ、チャイロサラサ、イオウハマグリ、ハナヤカワスレ、ヒラザクラ、ネコジタザラ、スリガハマ、ユキミノガイ、オオシマハネガイ、オオシマホクロガイ、シボリザクラ、ニッコウガイ、ヒメニッコウガイ、オオシマダイミョウ、ベニガイ、ハスメザクラ、アシガイ、タガソデガイ、オオミノエガイ、ヒメシャコガイ、シラナミガイ、ミヒカリメンガイ。

●実績のある巻貝
フウリンチドリ、マアナゴ、フルヤガイ、ヒメアワビ、ヒロクチダカラ、チドリダカラ、スソヨツメダカラ、アジロダカラ、ナツメガイ、ヒラマキカタベ、カタベガイダマシ、ネズミガイ、アラゴマフダマ、サラサダマ、クチグロタマガイ、トラダマ、ホウシュノタマ、カスミダマ、リュウテン、コシダカギンタカハマ、ヒメタカジリ、イワカワトキワ、クチムラサキレイシダマシ、カブトサンゴヤドリ、クチムラサキサンゴヤドリ、ドロシーヨウラク、ヒラセトヨツ、ヒロクチイガレイシ、ヒメシロレイシダマシ、キマダライガレイシ、ハチジョウレイシダマシ、ヒレツノクダマキ、ガンゼキボラ、タモトガイ、マツムシ、キヌヨフバイ、カスリヨフバイ、オキナワキヌヨフバイ、ハナオトメフデ、トゲハマヅト、クチベニオトメフデ、コベニフデ、カヤノミガイ、アメガイ、ベニアラレボラ、シマアラレボラ、シロコトクサバイ、シノマキガイ、シロシノマキ、ショウジョウラ、ホソジュセイラ、ムカシタモト、オハグロガイ、オハグロシドロ、オハグロイボソデ、マイノソデ、スイジガイ、ハラブトシャジク、ベッコウバイ、クチベニツノマタモドキ、ムラサキツノマタモドキ、イトカケツクシ、トゲシノブガイ、チリメンニナ、オオシイノミクチキレ、マルフデガイ、ハンレイフデ、ベッコウフデ、タキフデ、キバフデ、チョウセンフデ、ホソイトマキフデ、ニシキミナシ、ハルシャガイ、メノウイモモドキ、タガヤサンミナシ、ナンヨウクロミナシ、ミカドミナシ、コモンイモ、アジロイモ、ナガアジロイモ、ヒラマキイモ、サラサミナシモドキ、サラサミナシ、ユキゲイモ、ヤキイモガイ、ナガサラサミナシ、アンボンクロザメ、クロフモドキ、ツボイモ、サツマビナ、ジュドウマクラ、クチグロマクラ、トンボガイ、ヨコワカニモリ、トウガタカニモリ、オニツノガイ、チトセナガニシ、リュウキュウタケ、ムシロタケ、ゾウゲタケ。




チサラガイ。


リュウキュウナデシコ。
当地では特に美しいものが拾える。


独特の模様が美しいサラサガイ。
似た模様で種類が違ってくる貝があります。


マルオミナエシ。


チャイロサラサ。


金武町、津堅島等で採集できるフキアゲアサリ。


ヒメシャコガイ。


オオミノエガイ。
毛が生え揃った合弁はなかなか見つからない。


ミヒカリメンガイ。


カスミダマ。


アラゴマフダマ。
本島全域で拾える。


ヒラマキカタベ。


ショウジョウラ。


ホソイトマキフデ。


ナンヨウクロミナシ。


チョウセンフデ。


ジュドウマクラ。
けっこう綺麗な殻が拾える。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。