記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産地紹介:苫小牧の海岸


北海道は苫小牧市弁天に位置する砂泥底の海岸です。


沖に延びる堤防を境に東側ではマテガイやエゾマテガイの美しい殻が拾えます。
ちなみに画像右下の二人組はマテガイ採りをしています。
どこを掘ってもマテガイが居るというわけではないので、このように棒で地面を突き、ビックリした貝が潮を吹いた所を掘るというわけです。
同じような採集方法は遥か南の沖縄でも伝わっており、やはり人間は同じような事を考えるのだなぁと思いました。


堤防を挟んで西側は東側に比べるとやや外洋っぽい雰囲気の浜で、多様な貝が打ち上がります。
ちなみに北海道では海で遊ぶというと、本州のように泳ぐ人は少なく、車で砂浜まで乗り付けてバーベキューをすることが多いようです。


砂浜を東西に分ける堤防では、潮が干いた時にテトラで巻貝が採集できます。


写真はヒレガイですが、この手の貝は二枚貝を食べる事が多いので、イガイ等が付着した岸壁やテトラを見てゆくと見つけやすいです。

トイレはありませんが、駐車スペースは広々としています。

●実績のある二枚貝
ホタテガイ(少ない)、カガミガイ、タマキガイ、ウバガイ、ナガウバガイ(少ない)、バカガイ、ビノスガイ(少ない)、エゾイソシジミ(少ない)、フクレスエモノガイ、ナミガイ、サラガイ、アラスジサラガイ、オオミゾガイ、マテガイ、エゾマテガイ。

●実績のある巻貝
サルアワビ(少ない)、サンショウガイ、エゾザンショウ、ヒゲマキナワボラ、チシマタマガイ、タマツメタ、チヂミボラ、ヒレガイ、エゾヨウラク、ヒメエゾボラ、エゾバイ、アツエゾボラ、アヤボラ、ネジボラ。



なお苫小牧から距離的に遠くとも、高速を使うと短時間で行けるのが登別や室蘭です。
特に登別は観光地として栄えており、温泉、食、レジャーが一通り揃っています。




室蘭の地球岬の北にある、日本離れした眺望のトッカリショ浜。


個人的には地球岬よりもこちらがオススメです。


イタンキ浜からの眺め。

北海道観光の満足度は天候にかなり左右されます。
天候に応じてプランの組み替えができるよう、予め複数の候補を用意しておくと良いでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。