記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼文島の巻貝


マキアゲエビス
テトラに着いているのを見た事がないので潮下帯にいるのかもしれません。


エゾシャジク
船泊村の砂浜の小さな貝が集まる辺りでけっこう拾えます。


アコヤシタダミ
港内の流れの緩い場所に生えた柔らかい海草についています。
採集したばかりの貝殻はとても美しいのですが、時間の経過と共にくすんでしまうようです。


ウチダヘソカドタマキビ
香深港の北隣の狭い砂浜の辺りの浅瀬に生えていたアマモに着いていました。


セイタカハナヅトガイ
ハナヅトガイの仲間はなんだか好きですね。


エゾノハナガサ
香深港の北隣の狭い砂浜でたくさん拾えます。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。