記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼文島の二枚貝


カワムラサザナミガイ
非常に薄い貝です。
殻表面に砂粒が付着していますが、そういう性質を持った貝です。


アラスカニシキ
非常に薄いホタテガイのような貝です。


シラスナガイの仲間
香深港の子供の頭ほどの石が積み上げられていた所で拾いました。
たぶん漁で錘として使った石を網から外した時、隙間に棲みついていたシラスナガイも落ちたのだと思います。


ドブシジミモドキ
錨に付着した蛎殻の隙間なんかに居ました。


フタバシラガイ
ドブシジミモドキと似たような所に居ました。


ナミマガシワモドキ


オーロラニシキ


カミオニシキ


ドブガイ
船泊村の砂浜で拾いました。
淡水に棲息する貝なので久種湖辺りから流れてきたのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。