記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波の去った海岸


海に棲む貝類は海流が変わるとガラリと種類が変わります。
沖縄から九州、四国、本州のほとんどは黒潮の影響下にあり、そこから外れるには親潮の影響下にある岩手県以北に探索の地を求めねばなりません。



新しい世界を見てみたい!



そこで、まずはフェリーで仙台入りし、そこから海岸沿いに北上する計画を立てました。
いきなり岩手には行かず、途中で黒潮と親潮のせめぎ合いを貝類の分布を通して感じられたら面白いのではないかと考え、早くも仙台から探索を開始しました。

ちなみに私が探索地決定の目安にしているのはグーグルマップです。
砂浜の砂の堆積具合いを探索の目安とするのですが、とにかく東北では悪戦苦闘の連続でした。




どこの海岸も津波で破壊されており、ほとんどの範囲が工事中で近づく事すらできないのです。




なんとか海岸に出られる道を見つけても、この有り様です。




こうして身をもって東北の海岸は津波によって全面的に破壊されたのだと理解しました。



しかし海の生物はたくましく、全てが無に帰したわけではありません。




わずかに残され、徐々に回復してゆく息吹を探す旅が岩手県を抜けるまで続きました。


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。