記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県糸魚川のひすい

新潟県の南端、糸魚川市を流れる姫川の上流にはひすいの産地があり、姫川流域ではひすいの欠片を拾う事ができます。
ただし川でひすいを拾うと場所によっては怒られてしまうため、海で拾うのが安心、確実です。

とりあえず海に行く前にフォッサマグナミュージアムに寄って鑑定眼を養います。
こちらでは美しい鉱物や化石の他に、ひすいの実物が展示してあるので、しっかり観察しておきましょう。


そして姫川河口近くの海岸へGO!

石は山ほど転がっています。
その中からこれだ!という石を探してゆくのですが、なかなか悩ましい。
拾った石はフォッサマグナミュージアムへ持ってゆくと鑑定してくれるのですが、一人10個までなので真剣に拾いましょう。

ちなみに私は5個持ち込んでみました。











その結果、、、












全滅でした(涙)

流紋岩は自信あったんですが、、、。

緑の石英も紛らわしいですよね、、、。

鑑定の後、石の見分け方を書いた紙をくれますので、また頑張れそうです。

なお休日は鑑定が混み合いますので(私は30分待ちました)、閉館時間を考え早めに持ち込むようにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。