記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県の温泉

●糸魚川市大字大所
白馬岳蓮華温泉ロッジ 800(露天風呂のみは500) ★★★ 10~15時半
蓮華温泉ロッジの裏山に混浴露天風呂が4ヶ所点在していて、受付けで500円を払うと全て入る事ができる。
露天風呂までは徒歩数分といったところ。
真新しい案内板も設置してある。


三国一ノ湯。
ほんのり硫黄臭がし、わずかに白濁したぬるい湯の中に湯の花が舞う。
飲むとレモン味の後にサビの味が広がる。
湯船が小さいわりに十分な湧出量があり、黄金ノ湯とならんで最も湯が新鮮。
しかしこの湯船に他人が2人入るのは無理があるのではないか。


黄金ノ湯。
どんな湯かうろ覚えだが、たしか味も匂いも最も薄く、色は無色透明だったような気がする。
温度はなかなか良い感じだったが、どういうわけか様子を見に来る人が多い。
湯船は入れて3人がいいとこ。


仙気ノ湯。
最も眺めの良い所にあり、5~6人は入れるのではないか。
温泉成分は薬師、三国一に負ける気がするが、湯温はちょうど良く、微細な粒状の湯の花が舞っているためソコソコ濁りがあり、混浴に適していると思う。
ただ私が行った時は湯船に隙間があるのかオーバーフローしておらず、水面に垢の油膜のようなものが張っており、また入りたいとは思わなかった。
そもそも登山者はかいた汗を流しに来るわけで、通常の露天風呂よりも湯は汚いと考えた方が良いし、備え付けの洗面器がないため誰もかけ湯をしないし、虫もすくわない。
ちなみに湯船の撮影時は霧雨の止み間だったため時折人が途絶えたが、普段はひっきりなしに来ると思って良い。
なおこの湯船は登山道から遮るものがなく、裸眼だと人がアリていどの大きさだが、ズームレンズのついたカメラであれば性別、服装ていどは分かってしまうため、女性が入っていると登山者の見学も増えるかもしれない(笑)。


薬師湯。
最も高い位置にある湯船で、温泉成分も最も濃いような気がする。
ただ湧出量が少なく、湯の鮮度が良くない気がしたので足湯だけして上がった。
湯船には仲の良い人であれば2人入れるかなといったところ。


仙気ノ湯周辺の紅葉(9月末)。
もうかなり色づいているが、もっと良くなるはず。

さて今まで混浴露天風呂を紹介してきたが、プラス300円で内湯も利用できるようになる。


内湯は設備も新しく、仙気ノ湯に似た湯がドバドバと注がれ、湯船から溢れる。
何より眺めが抜群に良く(女湯は知らない)、おまけに私が利用した時にはいつも貸しきりだった(どういうわけか登山者は露天風呂にばかり向かう)。


内湯の窓から山々を眺める。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。