記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産地紹介:襟裳岬


ここ襟裳岬の先端部は親潮(千島海流)がかすめる磯の貝類の宝庫で、北海道の貝殻を集める上で絶対に外せない場所です。



産地は岬東岸の礫浜になりますが、昆布漁の作業場でもありますので邪魔にならないようにして下さい。
また付近に駐車場のように礫が綺麗に礫がならされたスペースがありますが、昆布を干すための場所ですので足を踏み入れないようにして下さい。


打ち上げの様子。
ヒモマキバイが見られるが、ていどの良いものが狭い範囲にまとめて上がっている場合は、食卓で出たゴミを捨てた可能性が高い。


コンブ漁で引っこ抜いてきたコンブの根を海岸で落とすのだが、この根っこにエゾヒバリ等の貝が付着している事が多い。


潮干帯の海草に付着していたウスカワハナヅトガイ。
この海岸には不自然なほどハナヅトガイの貝殻が打ち上がるが、刈り取ったコンブについていたものが水揚げの際に落ちているものと思われる。


アサリに襲いかかるヒメエゾボラ。

●実績のある二枚貝
エゾキンチャク、オーロラニシキ(欠片のみ)、エゾイシカゲガイ、ヌノメアサリ、エゾヌノメアサリ、アサリ、オビクイ、フトオビクイ、エゾオオノガイ、ハブタエタマエガイ、エゾヒバリ、ホンヒバリ、マユイガイ。

●実績のある巻貝
ユキノカサ、コウダカスカシ、サラサシロガイ、エゾフネガイ、ウスカワハナヅトガイ、モモイロハナヅトガイ、ヒラセタマガイ、クリガイ、アツタマキビ、クロタマキビ、エゾタマキビ、ヒゲマキナワボラ、チヂミボラ、エゾチヂミボラ、ナガチヂミボラ、コエゾバイ、オオエゾシワバイ、マルエゾバイ、チシマバイ、ヒメエゾボラ、アヤボラ、ツノオリイレ。

また襟裳岬から北上した同町庶野の辺りの海岸でもめぼしいものが拾えるため、岬での成果が芳しくなかった時などに寄ってみるのも良いだろう。
庶野の転石下ではエゾシタダミを採集しているほか、エゾイシカゲガイやクリガイの打ち上げはこちらの方が良かったと記憶している。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。