記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産地紹介:愛知県


遠州灘に沿って見渡す限り続く砂浜を、地元の方は表浜と呼びます。
この表浜は年中波の力が強く、特に海が荒れなくとも安定して貝が打ち上がります。


なかでもサーファーがよく訪れる赤羽根漁港周辺(田原市高松町一色~池尻町)は特に貝が集まりやすく、他の地域ではなかなか完品にお目にかかれないヤツシロガイ、ミクリガイ、カズラガイ等が当たり前のように打ち上がります。

●実績のある二枚貝
カガミガイ、ヤタノカガミ、ヒナガイ、イタヤガイ、ベンケイガイ、ザルガイ、ワスレガイ、コタマガイ、アリソガイ、バカガイ、サトウガイ、サルボウ、クイチガイサルボウ、サギガイ、チヨノハナガイ、ヤチヨノハナガイ、ナミガイ、カモジガイ、アケボノキヌタ、ミゾガイ、シボリミゾガイ、シオツガイ、ナミマガシワ。

●実績のある巻貝
コモンダカラ、キサゴ、ダンベイキサゴ、キヌガサガイ、ツメタガイ、アラレガイ、ミクリガイ、シマミクリ、コロモガイ、ミオツクシ、トウイトガイ、ヤツシロガイ、ウラシマガイ、カズラガイ、ナガカズラガイ、ビワガイ、シドロガイ。

●その他の打ち上げ
ハスノハカシパン。




ほとんど必要ないと思いますが、赤羽根漁港周辺の打ち上げが振るわなかった場合の逃げ場として「新居浜」を紹介します。
新居浜は静岡県湖西市新居町に位置し、本来は静岡県の産地として紹介すべきなのですが、拾える貝殻の種類がほとんど変わらないためついでに紹介しました。

行き方は、浜名湖と外海とをつなぐ水道を「今切口」と呼びますが、この今切口に隣接する「今切パーク」の駐車場に車を停め、公園内を通過して砂浜に出る事になります。
遠州灘に面した砂浜は広大ですが、貝殻が打ち上がる範囲はそれほどではありません。
しかしウラシマガイやキヌガサガイに関しては、私はこちらの方が実績があります。




ヤツシロガイ。
上等な殻が上がります。


カズラガイ。
綺麗な殻は腐った身が入ってる事が多いので、ご注意を。


ウラシマガイ。


コロモガイ。


キヌガサガイ。
巻き貝が割れて先だけ残ったように見えるが、こういう貝である。
なおこの殻は漁港で貰ったもので、なかなか綺麗なものは拾えない。


ナガイトカケ。


ヤタノカガミ。


ヘノジガイ。
イガイのような形をした小さな二枚貝で、巻き貝の死殻の中に糸で付着している。


チヨノハナガイ。
波の荒い印象のある表浜だが、意外と脆い貝も良い状態で上がる。


ミゾガイは美しいですね。


ミゾガイを拾っていると、たまにシボリミゾガイも混じる。



なお赤羽根漁港から西に向かうと砂地に岩場が点在するようになります。
たとえば田原市和地町の辺りなどがそうですが、マクラガイやカモンダカラといった巻き貝が上がるようになります。




最後に渥美半島の北岸、渥美湾に面した田原市伊川津町貝ノ浜を紹介します。
私が訪れたのは2月上旬、北西の強風が容赦なく吹きつける季節という事もあって、海岸にはおびただしい数の貝殻が打ち上げられていました。


上がる貝殻は目の前に広がる砂礫浜に棲む二枚貝がほとんどで、老成したタイラギ、ミルクイ、ウチムラサキ、といった大型の殻が目立つのが特徴です。
もちろん軽く小さな貝も棲息しますが、壊れたり、石の間に埋もれたり、風で飛ばされたりと、少なくとも冬場の採集は困難です。


なお海岸へのルートは二ヶ所あり、漁港側からは写真の橋を渡って入ります。
梨下に冠を正さずの精神で、手に道具を持たず、打ち上がった貝殻だけ採集しましょう。
ちなみに看板にあるマンガとはジョレンの事です。


●実績のある二枚貝
アズマニシキ、ヒオウギガイ、イタヤガイ、キンチャクガイ(少ない)、カガミガイ、トリガイ、シオフキ(少ない)、サルボウ、クマサルボウ、サトウガイ、アカガイ、バカガイ、クチバガイ、アサリ、ウチムラサキ、アケガイ、ソトオリガイ、ミルクイ、オオノガイ、コベルトフネガイ、ヒバリガイ、ホトトギスガイ、タイラギ、リシケタイラギ、ハボウキガイ(少ない)、ヒナマテガイ(少ない)、マテガイ、ナミマガシワ。

●実績のある巻貝
メダカラ(少ない)、スガイ、ツメタガイ、サキグロタマツメタ、アカニシ、ムシロガイ、アラムシロ、ヒメヨウラク、セキモリ(少ない)、キヌボラ、マキモノシャジク(少ない)。

●その他の打ち上げ
ミドリシャミセンガイ(少ない)、サンショウウニ。




左上、サルボウ、縦肋の数32本内外。
右上、クマサルボウ、縦肋の数34本内外。
左下、サトウガイ、縦肋の数38本内外。
右下、アカガイ、縦肋の数42本前後。
なおクイチガイサルボウは確認できなかった。


模様や輪肋の太さ等が違うが上下共にアケガイ。


老成した大型のミルクイが合弁で上がるのは、私が知っている範囲では全国で貝の浜だけだ。
ちなみに殻表の写真は、カテゴリー「東北」の「青森県の二枚貝と巻貝」に掲載しているため、内側の写真を掲載する。


ミルクイの若貝。
若貝を表から見ると、端がカットされたようなミルクイ独特の形状が鳴りを潜める。
殻も薄くなり、まるで別の貝のようだ。




汐川河口のコオキナガイ(左)とソトオリガイ(右)。




ココナッツビーチ伊良湖に打ち上げられたオキゴンドウの子供と思われるクジラ。
よくよく写真を見ると背鰭が見当たらない。


オキゴンドウにしては歯にシャープさが無いが、子供はこんなものなのだろうか。




ココナッツビーチ伊良湖を見下ろす伊良湖シーパーク&スパ。
3F大浴場からの眺めはオススメです。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。