記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産地紹介:山口県


山口湾の湾口部西岸付近、宇部市東岐波に広大な砂質の干潟が広がります。
干潟は春の大潮になると遥か先まで歩く事ができ、休みの日は潮干狩りを楽しむ人で賑わいます。


皆さんのお目当てはマテガイ。
スコップで薄く砂を退け、現れた穴に塩をふって待つと貝が飛び出してきます。
中には忘れた頃に出てくる貝も居るようで、このように待ちくたびれた潮干狩りの人が移動してから出てきて取り残されている姿も目にします。


この産地では、海岸の打ち上げ帯だけでなく、干潟の窪みにも貝殻がたまります。
窪みに集まる貝は軽く、とてもていどが良いのが特徴です。


水路状の窪みの砂を軽くどけると、まとまった数のムラクモキジビキガイが現れました。
この干潟のムラクモキジビキガイの模様は他の産地と比べると独特です。



●実績のある二枚貝
トリガイ、シオフキ、バカガイ、イソシジミ、シナハマグリ、クチバガイ、ヒメシラトリ、ユウシオガイ、サクラガイ、シボリザクラ、イヨスダレ、オキナガイ、カワムラサザナミガイ、マスオガイ、オチバガイ、マテガイ、バラフマテガイ、ヒナマテガイ、クログチガイ、ツグミノマクラ、タイラギ。

●実績のある巻貝
イボキサゴ、ツメタガイ、ウチヤマタマツバキ、ネコガイ、サキグロタマツメタ、タマキビ、ムラクモキジビキガイ、アラムシロ、キヌボラ、クレハガイ、オダマキ、トゲシノブガイ、シドロガイ、マクラガイ、フデガイ。

●その他の打ち上げ
サンショウウニ、ヨツアナカシパン、ミドリシャミセンガイ、インドホシガメの甲羅、カブトガニの甲羅。




見つけた時はナベかと思った。
大人のカブトガニは沖で暮らしているそうです。


上がバラフマテガイ、下がヒナマテガイ。


左がツグミノマクラ、右がクログチガイ。
クログチガイは護岸の隙間に付着している。


とても殻が薄く、脆く、しかし美しいオキナガイ。


殻に砂粒を付着させる性質を持つカワムラサザナミガイ。


活動時のツメタガイ。


さすがに繁殖はしてないと思うが。
インドホシガメの甲羅。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。