記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産地紹介:片男波・浜の宮

和歌山市市毛見に流れ込む和歌川河口部には干潟が広がっています。
その干潟を挟むように、沖側に片男波、内陸側に浜の宮という2つの海岸があります。


どちらも干拓の延長上に作られた人工海浜ではありますが、浜の宮は干潟の恩恵を今も強く受けており、拾える貝殻も干潟に根差したものが多いです。


対して片男波はほとんどの砂を佐賀県唐津市沖より持ってきています。


その砂はサンドポンプと呼ばれる機械を使って沖合いで吸い上げられたもので、自然と貝殻なども混ざってきます。
つまり和歌山県に居ながらにして佐賀県の貝が拾えてしまうわけです。
お得感がある一方で、その土地に根差した貝にこだわる方には、悩みの種となってしまいます。




片男波での養浜作業の様子。
岸寄りの砂であれば見てくれを気にして唐津市沖から持ってくるでしょうが、やや沖に入れてますので、近所で航路を峻せつした際に出たものかもしれません。

なお現在は法的に禁止されてますが、かつて瀬戸内海で採取された海砂が養浜に使われていた時期があったそうです。
採集をしていると、たまに極端に古いツノアカニシ、ミヤコボラ、ウミタケガイや、ハイガイ、イタボガキといった貝殻が見つかりますが、その名残りではないかと考えています。



採集のタイミングとしては、片男波は台風が去った直後、浜の宮は春~秋にかけての干潮時が良いでしょう。

●実績のある二枚貝
イタヤガイ、チヒロガイ、カガミガイ、オキシジミ、トリガイ、マダラチゴトリガイ、アサジガイ、イオウハマグリ、ベニハマグリ、ハイガイ、シオヤガイ、モシオガイ、スダレモシオ、イソシジミ、サギガイ、マツヤマワスレ、クチベニガイ、オオノガイ、アケボノキヌタ、シナヤカスエモノガイ、ミヒカリマスオ、シオサザナミ、アシガイ、アケガイ、スダレガイ、サツマアカガイ、ホクロガイ、サクラガイ、オオモモノハナ、クモリザクラ、ベニガイ、ミゾガイ、キヌタアゲマキ、マテガイ、タカノハガイ、ウミタケガイ、イワカワハゴロモ、カゲロウガイ、イタボガキ、ナミマガシワ。

●実績のある巻貝
メダカラ、ニセヒロクチカノコ、イボキサゴ、フロガイダマシ、ホウシュノタマ、ツメタガイ、ウチヤマタマツバキ、オリイレボラ、アカニシ、ツノアカニシ、アラレガイ、マキモノガイ、バイ、ミクリガイ、ヤナギノイト、オガイ、ミヤコボラ、フドロガイ、シドロガイ、オダマキ、マクラガイ、モミジボラ、フデガイ、ナガニシ、ヤカドツノガイ。

●その他の打ち上げ
ハスノハカシパン、ヨツアナカシパン、スカシカシパン、マメツブウニ、オカメブンブク、ヒラタブンブク、オオブンブク。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。