記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

襟裳岬の巻貝


ヒゲマキナワボラ。
他の場所でもポツポツ拾えますが、襟裳岬が一番拾える気がします。


クリガイ。
殻が薄く壊れやすい貝です。
ていどの良いものはなかなか拾えません。


エゾシタダミ。
転石の下に棲んでいます。
小さな貝なので見つけてないだけで、意外とアチコチに居るかもしれません。


モモイロハナヅトガイ。
不思議とえりも町襟裳岬~えりも町庶野にかけて突出して上がります。
海草に着く貝のため、コンブの水揚げが打ち上げ数に拍車をかけていると思われますが、コンブ漁は北海道で広く行われているため、えりも町にだけハナヅトガイが突出して棲息している事は間違いありません。


ウスカワハナヅトガイ。
前者との違いはやはり殻の薄さですが、薄い殻をおおっている皮の光沢や表面のガサガサ感、といったものも判別の手がかりになります。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。