記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田の崎の貝2


ヒラヒメアワビ。
それほど珍しい貝ではないが、上がりにくい。


転石の裏等についている。


メクラガイ。
潮間帯の岩に着いている。


カサウラウズ。


ノシガイ。


ウスコミミガイ。
江田の海岸の狭い範囲で採集できる。


ウズラガイ。
たまに、しっかりとした大きなものが拾える。


台風のウネリで浅場まで運ばれてきたと見られ、殻が損傷している。


オオナルトボラ。
わりと落ちているが、ていどの良いものは少ない。
この殻は漁港で貰ったもの。


オニサザエ。
案外浅い岩陰についている。


カバミナシ。


ナガアジロイモ。
わりと大きなものが台風の後などに上がる。


シロアンボイナ。
アンボイナの仲間では最も殻が丈夫。


アンボイナ。
大きなものは割れていることが多い。


ヒメイトマキボラ。
トゲの発達したイトマキボラはよく見かけるが、ヒメイトマキボラはあまり見た記憶がない。


ツノキガイ。


メオニツノガイ。


イシカブラ。
打ち上げられたサンゴ礫に開いた穴を覗くと貝が入っていることがある。
貝が壊れないようにサンゴを割りたいところだが、なかなか難しい。
この標本は接着剤でとめてある。


トウマキボラ。


カツオノエボシ、カツオノカンムリ等を食べるアオミノウミウシ。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。