記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

襟裳岬の二枚貝


エゾキンチャク。
殻の表面に他の生物が付着しやすく、意外と綺麗なものが拾えない貝です。
地方ではババノテ、ババガイなんて呼んだりします。


この個体は礼文島で拾ったものですが、まさに婆の手ですね。


こちらは子供のエゾキンチャク。
やはり若い頃は美しいのです。


ハブタエタマエガイ。
オホーツク海などでも拾えますが、やはり質、量共にえりも町が上です。


ホンヒバリ。
大量のエゾヒバリのなかから、たったひとつだけ拾いました。
エゾヒバリの原種との事で、やはり淘汰されてゆく運命にあるのでしょうか。


比較のためにエゾヒバリと並べてみました。
一目瞭然、下がホンヒバリです。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。