FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オゴクダ浜の貝1


ヤガスリヒヨク。


ウミアサガイ。


リュウキュウマスオ。
沖縄では本州におけるアサリのような存在だが、串本町では田並とオゴクダ浜の狭い範囲でしか確認できていない。


チイロメンガイ。
地物にしっかりと固着するため、ブタの方だけ上がる。


漁港に吊るされたバケツに着いていたチイロメンガイ。


台風でウミカラマツごと打ち上げられたワニガキ。


ウミカラマツの根本に着いていたクチナシサンゴヤドリ。


綺麗なサンゴが上がることもある。


左がノコギリウニ、右がフシザオウニ。


たまに潮だまりで見つかることもある。


ムギツブダカラ。
狭い方の浜に上がる。


ハナヤカケボリ。
狭い方の浜に上がる。


シラタマガイ。
小さいから目立たないだけで、南紀の潮岬以西の全域で拾える。


コナツメガイ。
ナツメガイと細かな模様が違う。


キバアマガイ。
温暖化のせいか、わりと普通に見られるようになってきた。


アシヤエビス。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。