記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産地紹介:羽地内海


羽地内海は周囲を陸地に囲まれた遠浅の内海で、砂泥底を好む二枚貝が多く棲んでいます。


沿岸の土地利用が進んでいる事もあってか、まとまった数の打ち上げは1ヶ所で確認できただけですが、なかなか他所では見られない貝も多い独特の海域です。
産地は名護市屋我の屋我地大橋の西側にある砂洲です。
潮が引くと砂洲に続く道が現れますので、潮時表を見て渡って下さい。


屋我地大橋から北西方面に行くと饒平名に小規模なヒルギ林が見られますが、岸寄りに築かれた護岸の影響でマングローブ特有の貝はほとんど見られません。
ただし護岸が唯一決壊している場所があり、狭い範囲で適度に染み出した水の恩恵を受けたリュウキュウヒルギシジミ、ウラシマミミガイ等が確認できています。


どこにでも棲息できるウズラタマキビのような貝であれば、満潮時に水没するヒルギ林でも見つける事ができます。


羽地内海で進む埋め立て。



●実績のある二枚貝
オキシジミ、リュウキュウヒルギシジミ、イオウハマグリ、タママキガイ、リュウキュウアリソガイ、カワラガイ、リュウキュウナミノコ、スダレハマグリ、リュウキュウアサリ、リュウキュウマスオ、マスオガイ、イチョウシラトリ、ネコジタザラ、ヒラザクラ、ニッコウガイ、オオシマホクロガイ、アケボノガイ、ヘラサギガイ、ベニガイ、ズングリアゲマキ、ミドリアオリ、ヤブサメガイ、ホウオウガイ、スエヒロガイ、イワカワハゴロモ、ハボウキガイ、ニワトリガキ、シュモクアオリ。

●実績のある巻貝
フルヤガイ、カイコガイ、ヒラマキアマオブネ、カンギク、ヒロクチリスガイ、ウズラタマキビ、ツヤハマシイノミ、ハマシイノミ、ウラシマミミガイ、ヤナギシボリキジビキ、オオシイノミクチキレ、シオボラ、シロシノマキ、フトスジムカシタモト、オハグロガイ、ヒロクチイモ、サラサミナシモドキ、オオチリメンギリ。




ヤナギシボリキジビキ。
あまり拾えない。


オオチリメンギリ。
この1本しか見ていない。


コヅツガイ?
片方が詰まった筒状で、厚みがあり、意外としっかりしている。


ネコジタザラ。
名護市仲尾次交差点近くの浜に合弁で上がる。


ヘラサギガイ。
饒平名の水没する浅瀬に転がっている。


ヤブサメガイ。
カイメンに埋没して棲息している。
殻が薄く脆いため、カイメンを拾ってヤブサメガイが埋没していないかを見てゆくとよい。


ニワトリガキ。
シュモクアオリとは蝶番の形状で見分けられる。


シュモクアオリ。


リュウキュウアサリ。
本州のアサリと違い、大きくなる。


左から国頭郡宜野座村松田のヒメリュウキュウアサリ、羽地内海のリュウキュウアサリ、塩谷湾のスリガハマ。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。