記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産地紹介:瀬良垣


有名な万座ビーチの裏手、国頭郡恩納村瀬良垣に穴場的な砂質の干潟が広がっています。


干潟には二枚貝だけでなく、巻貝も豊富に転がっています。


ちょっとした砂浜の窪みや転石の陰に巻貝が潜んでいます。

少し東に歩けば岩盤が一変し、それに伴い拾える貝の種類が変化します。

またタイミングが良ければ大きめの巻貝も拾う事ができます。


砂が盛り上がった所を掘ったら?


リュウキュウシラトリの子供が居ました。



●実績のある二枚貝
ウラツキガイ、モチヅキザラ、オオヒシガイ、カワラガイ、ケショウオミナエシ、ヒメニッコウガイ、オオシマダイミョウ。

●実績のある巻貝
フルユガイ、カイコガイ、コグルマ、マルシロネズミ、ホウシュノタマ、カヤノミガイ、ハマシイノミガイ、ツヤハマシイノミガイ、リュウキュウムシロ、イガムシロ、トゲムシロ、イボヨフバイ、カスリヨフバイ、ハマヅト、シオボラ、ネジマガキ、キイロツノマタモドキ、コンツクシ、ミノムシガイ、オニツノガイ、ヨコワカニモリ、ハシナガツノブエ、ネコノミミクチキレ、オオシイノミクチキレ、オオクチキレ、タケノコクチキレ、ムシロタケ、モンゴメリータケ、タケノコガイ、トラフクダマキ。




トゲムシロ。


ネコノミミクチキレ。


シオボラ。
岸寄りの岩陰などに上手く隠れている。


ニシキミナシ。


ミカドミナシ。


トラフクダマキ。
干潮時に水路や窪みを見てゆくと転がっている。


ウラツキガイ。


リュウキュウシラトリ。
沖縄で最も広範囲で見られる二枚貝のひとつ。


ヒメニッコウガイ。


オオシマダイミョウ。


ケショウオミナエシ。




似たタイプの産地として中頭郡読谷村長浜の干潟もオススメします。


マイナーな干潟なためダメージの少ないクモガイが拾える事もあります。


潮の干いたタイミングで干潟を歩くと高確率で見つかるのがクモガイです。
実は沖縄県では晩御飯のオカズていどの存在で、大量のマガキガイと一緒に殻が捨てられているのをよく見ます。
あまりにどこにでも居るため、あえて「実績のある巻貝」としてリストアップしていません。


裏返して見るととても綺麗です。
残念ながら標本にしてしまうと、この色合いは時間と共に色褪せてゆきます。


頭隠して尻隠さず。
クロザメモドキです。


クロミナシ。
クロザメモドキと居る場所が違います。


ルリマダラシオマネキ。
海草を食べて生活しているそうです。

警戒心が強いそうで、一度しか見たことがありません。




クモガイ。
とにかく渡航当初に憧れた貝です。
ていどの良いものは沖縄南部の浜には滅多に転がってませんが、恩納村や名護市辺りから徐々に見かけるようになり、国頭村の北部まで行くと普通に転がっています。


では何故沖縄南部でクモガイが拾えないのかというと、ズバリ皆が拾って行くからです。


クロザメモドキ。


自信はありませんがクロフモドキの若貝かなと思っています。


アンボンクロザメ。


モチヅキザラ。


クロタイラギ。
殻表にコモンスソキレと思われる貝が着いていました。




最後にやや個性的な貝が拾える産地として、国頭郡今帰仁村崎山を流れるジニンサ川の河口干潟も紹介しておきます。
上の産地とは若干毛色が異なり、記事を分けた方が良いかなとも思いましたが、それほどの規模でもないので併せて紹介します。




フルヤガイ。
ありふれた貝ですが、特にていどの良いものが拾えます。


ユキスズメ。


レモンカノコ。


カニノテムシロ。


ハスメザクラ。
本島全域で拾えるが、ここは数も多く、程度も良い。

なお、この産地では記録をとってないためうろ覚えではありますが、他に、ツバサカノコ、コウモリカノコ、ツヤハマシイノミ、ハマシイノミ、ヒメヒラシイノミ、クロヒラシイノミ等が採集できていたと思います。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。