記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産地紹介:安部


名護市安部に軽自動車がやっと通れるほどの狭い道が張り巡らされた小さな集落があります。
その集落を抜けた所に広がるのが、私のお気に入りの海岸です。
集落内に駐車スペースは全く無く、沿道にも長時間駐車がためらわれるスペースしかありません。
そこで、いつも「いしぐふー」さんでラーメンを食べ、車を駐車場に置かせてもらって歩いて浜に向かっていました。
幸い「いしぐふー」さんのラーメンはとても美味しく、沖縄には美味しいラーメン屋が無いという私の固定観念を唯一覆してくれる店だったため、冬場は土日の昼間のみの営業でしたが、あえてタイミングを合わせて伺ったものです。


砂浜は西を安部崎、東をギミ崎、前を安部オール島に囲まれた、巨大な礁池を思わせるような波静かな内湾にあります。
その独特な環境から、私は沖縄本島でもここにしか居ない貝が多く棲息していると考えています。


リュウキュウサラガイ。


リュウキュウアオイ。
死ぬと褐虫藻の影響なのか殻表の模様が消える。



●実績のある二枚貝
リュウキュウオウギ、スベリザルガイ、ウラキヒメザラ、ハートガイ、ミガキシタタリ、イオウハマグリ、サラサガイ、チャイロサラサ、ヒメニッコウガイ、ナノハナガイ、ヒラセザクラ、ヒラザクラ、リュウキュウサラガイ、オオシマダイミョウ、マサメヨシガイ、サカライマスオ、アケボノガイ、サラサヒノデガイ、ベニガイ、ダイミョウガイ、トンガリベニガイ、リュウキュウマテガイ、サンゴガキ。

●実績のある巻貝
テリカラマツ、ユキスズメ、マドアキガイ、スソカケガイ、キヌメフウリンチドリ、コビトアワビ、ヒメアワビ、フルヤガイ、ホンサバダカラ、イッポンバカイコガイ、チャイロブドウガイ、カイコガイ、ベニヤカタガイ、ベニシボリガイ、ウキヅツ、クサイロカノコ、キンランカノコ、ツバサカノコ、ヒロクチカノコ、ハナゴショグルマ、キヌシタダミ、コグルマ、ヘソアキアシヤガマ、クレナイアシヤガマ、スキヒメカタベ、ツツミガイ、イトカケシロネズミ、マルシロネズミ、ホウシュノタマ、ハギノツユ、ヒメルリガイ、アサガオガイ、ハマシイノミガイ、ツヤハマシイノミガイ、コクトウハマシイノミ、コシイノミガイ、マキスジコミミガイ、カヤノミガイ、タイワンキジビキガイ、ヒメヒラシイノミ、クロヒラシイノミ、トゲムシロ、カスリヨフバイ、イボヨフバイ、ハナマツムシ、オキナワシラゲガイ、シイノミクチキレ、シオボラ、トウマキボラ、シロシノマキ、ハイイロボラ、ミツカドボラ、トゲシノブガイ、ハリダルマイトカケ、ハスイトカケ、クモリシノブ、ムラクモイトカケ、クルイイトカケ、コトツブ、ネムリコトツブ、コンツクシ、ミノムシガイ、カンムリツクシ、イトカケツクシ、エビガイ、トガリキリオレ、カザリカニモリ、ハシナガツノブエ、コオニツノガイ、スジイモ、コモンイモ、アジロイモ、クロザメモドキ、ナガタケノコカニモリ、リュウキュウツノガイ。




クサイロカノコ。
質の良いものが大量に拾える。
この貝が大量に採集できるという事は、沿岸にアマモが群生している事を意味している。


ケボリカズウズマキ。


ヒメルリガイ。
潮流に乗って漂う貝であり、採集は気象条件やタイミングに大きく左右される。

ルリガイとは、大きさ、色の濃さが全く違う。


カヤノミガイ。


ハイイロボラ。
安部でしか見た事がない。


タケノコカニモリ。
上が安部、中と下は伊平屋島産。


ウラキヒメザラ。


チリメンジュロウジンガイ。
リュウキュウシラトリに似るが、波打たない。
安部でしか見ない。


トンガリベニガイ。
美しい合弁は滅多に拾えない。


名前の判らない貝。
安部でしか見ない。


リュウキュウアオイ。
本島各地でちょいちょい見るが合弁は少ない。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

自然をめぐる人

Author:自然をめぐる人
貝殻拾い、釣り、日帰り温泉、動物撮影、風景撮影、山登り、石拾い、、、普通の観光旅行に飽きてしまったら、それは自然に親しむチャンスです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。